2014/10/24

JKラングラーアンリミのサウンドバースピーカーをKICKERのCS67に交換


スノーピークネタがしばらく続いたのでそろそろ別ネタを。

ってことで愛車Jeepラングラーアンリミテッドのリアスピーカー交換を。






ドライブのお供はMUSIC

ドライブのときは必ず音楽を流す派です。

音楽がメインだと少しは音に拘りたくなります。
前車VOXYのときはすべてのスピーカーを交換、センターSPを天井に付けてウーハーも設置し5.1chにしてデッドニングなんかも施工してそれなりにイイ音になるようにしてましたが、Jeepラングラーアンリミはそこまでする車ではないだろw

ってことでとりあえずお手軽音質向上と見た目重視でサウンドバースピーカーをKICKERに交換してみました。





KICKER CS67

アメ車にはやっぱアメリカ製メーカーのスピーカーだろ!
ってことでKICKERのスピーカーCS67をチョイスしました!


購入はネットでJKラングラーのオーバーヘッド取り付け専用ブラケット付きのモノにしました。
ブランケットを自作している方なんかもいますがそんな器用なことは出来ないのでココは迷わずJKラングラー用にしておきます。

箱から開けて初KICKERさんとご対面


ツィーター一体型でアウターバッフル化のタイプなので見た目もカッコ良く決まりそうな予感!

マグネットもそこそこ大きくイイ音を鳴らしてくれそうです!



付属品はこんな感じ


専用ブランケットにネジ類だけ。
元々のカプラーに取り付けるだけなので誰でも簡単に取り付けできると思います。



早速取り付けしてみよう

特に難しいことはありません!
車弄りはちょっと…って方もぜひチャレンジしてみましょう!
(※車弄りはあくまでも自己責任で!自信のない方はディーラー等にお願いして下さい)

まずは純正のスピーカーカバーを外します。


ネジはアメ車特有のトルクスねじです。
持ってない方は用意が必要です。
3箇所をサクッと外していきます。


スピーカーカバーを外すと純正スピーカーが出てきます。
カプラーを抜いて純正スピーカーを外します。


外すとこんな感じにカプラーだけになります。



KICKERスピーカーにカプラーを差し替えるだけなので特に配線処理とかは必要ないので初心者でも問題ありません。


純正ネジを止める受け側の金具は必要ないので取り外します。


外し方はちょっとコツがいりますが、このようにマイナスドライバーを差し込んで外します。
※この外し方は正しいかはちょっと謎ですw強引なので傷が付きましたが見えないところなので気にしませんw



ここまで来たらあとはKICKERスピーカーを取り付けるだけ。
カプラーをKICKERスピーカーに接続してブランケットにスピーカーとアウターグリルを取り付ければ完成です!





低音が効いて迫力ある音に

取り付けてみての感想は、さすがKICKER
中低音に厚みのある音になるので迫力ある音になりました。

自分の場合、小型のチューンナップ・サブウーハーがリアシート下に取付けしてあるのでこの組み合わせで十分満足出来る音環境になりました。



そして、むき出しのスピーカーなので見た目もカッコ良くキマります!

フロントスピーカーもいずれ交換したいですが、とりあえずはコレだけでもそこそこな音環境になるので簡単オススメな弄りです。

JKラングラー乗りの方はぜひお試し下さい!









0 件のコメント:

コメントを投稿